HOME > 業務案内 > 刑事告訴・告発・被害届

刑事告訴状・告発状・被害届作成等の犯罪被害者サポート

当事務所では、犯罪被害者の方向けの、告訴状・告発状・被害届などを通じて、警察に対し犯人を逮捕してもらえる様に交渉し、犯罪の早期解決をお手伝いするサービスを提供しております。
また、検察が犯人を不起訴とした処分に不服がある場合の、検察審査会への不服申立手続きサービスも提供しております。

お知りになりたい項目をクリック頂きますと詳細がご覧いただけます。

刑事告訴・告発・被害届手続き
検察審査会への不服申立手続き

刑事告訴・告発・被害届の作成・提出サービス

警察に対し、犯罪が遭った旨を申告して捜査・逮捕をお願いする為の告訴状・告発状・被害届を作成し提出いたします。

刑事告訴

刑事告訴とは、犯罪があった事を捜査機関に申告して犯人の処罰を求めるものです。
犯罪の被害者、被害者の家族など一定の条件の方が告訴できます。
被害届との違いは、犯罪被害者が犯罪があった事実を届け出る事であり、捜査をするかしないかは、 警察が判断すること事になります。
それに比べ、告訴状は『加害者に厳格な処罰を求める』もので、警察が受理すれば『必ず』犯罪捜査をしてその結果を被害者等に必ず通知しなければなりません。

刑事告発

刑事告発とは、犯人と被害者以外の第三者が、捜査機関に犯罪事実を知らせて、犯人の処罰を求める行為です。
告訴との違いは、基本的には誰でも告発は可能だという点です。成人している被害者の親などがこの制度を利用すると便利です。
告訴・告発に共通しているのは、告訴状・告発状のみを捜査機関に持って行っても、なかなか受理してくれないケースが多いという事です。
受理してもらう為には、客観的な証拠などを集めて告訴状・告発状などと一緒に提出する事が必要不可欠です。
当事務所では、被害状況等をヒアリングし、必要な証拠などをリストアップするなどのお手伝いをいたします。
さらに、必要であれば当事務所で調査や証拠収集等を行い、・告発状が受理されるようサポートする事も可能です。

警察同行サービス

警察に一人で行くのは心細い、警察に相談に行ったが門前払いされてしまったという方向けの警察へ同行して交渉するサービスとなります。
一般の方が被害相談に行っても、警察官が話もあまり聞かず、帰されてしまうケースが多々あります。
日々、相当な事件を抱える警察官としては、証拠不十分や話が曖昧な相談等を相手にしたくないという心境の表れかもしれません。
しかし、行政書士などの法律家が同行するケースでは、いい加減な対応をしてしまうと後々問題となってしまうので、話を聞いてくれたり、捜査を開始してくれるケースも少なくありません。
当事務所では、警察対応の専門家として、ご依頼主様の犯罪被害が一日でも早く解決できるよう全力でサポート致します。。

刑事告訴・告発のご依頼例

  • 脅迫・恐喝等をされていて困っているので警察に逮捕して欲しい
  • ストーカー被害に遭っていて、ストーカー行為を止めさせたい
  • 犯罪被害に遭ったのだが、一人では警察に行きたくないので同行して欲しい
  • 既に成人している子供が犯罪被害に遭ったが、本人ではなく家族から犯人を告発して逮捕してもらいたい
  • 会社のお金を横領していると疑われる社員がいるので、証拠を調べて逮捕して欲しい
    上記以外にも様々な案件に対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

刑事告訴・告発の流れ

刑事告訴・告発の流れイメージ


検察審査会への不服申立手続きサービス

告訴・告発が受理され、捜査が開始されて検察へ刑事記録が送られても(書類送検)、検察官が不起訴処分をする場合もあります。
この様な場合は、検察審査会へ不服申し立てをする事が可能となり、検察審査会は『起訴相当』・『不起訴不当』・『不起訴相当』のいずれかの議決をします。
『不起訴相当』の決議となってしまうと、そこで刑事手続きが終了してしまいますが、『起訴相当』と『不起訴不当』の決議の場合は、検察で再検討されます。
検察が更に不起訴処分をすると、『不起訴不当』の場合はそこで手続きが終了となってしまいますが、『起訴相当』の場合は検察審査会で再審査が行われます。
そして、検察審査会が『起訴ならず』の議決をした場合は手続きが終了し、再度『起訴相当』の決議となった場合は、裁判所から指定された弁護士が強制的に起訴し、刑事裁判が始まります。
実情として、検察が不起訴処分をして検察審査会へ不服申立をすると、検察が自発的に再度考案し、検察審査会の議決がされる前に起訴をするというケースが少なくありません。
当事務所では、告訴等が受理された後、検察が不起訴処分をした場合の検察審査会への不服申立の手続きまでもお手伝いし、犯人を処罰までのサポートを致します。

検察審査会の不服申立の立流れ

検察審査会流れイメージ

また、当事務所では告訴状・告発状・被害届作成などの法務サポートと合わせて、物理的に身体をお護りする身辺警護(ボディーガード)サービスも提供しております。 詳しくは身辺警護・ボディーガードサービスをご覧ください。

上記以外の書類作成や、お困りごとにも可能な限り対応しますのでお気軽にお問合わせください。

また、当事務所では書類作成だけではなく、問題を根本解決するサービスも提供しております。
詳しくは犯罪解決サポートをご覧ください。


刑事告訴・告発・被害届、検察審査会への不服申立手続き料金

刑事告訴・告発・被害届作成
70,000円(税抜)~
成功報酬(告訴・告発状が受理された場合)
50,000円(税抜)~
警察同行サービス(3時間)
20,000円(税抜)~
検察審査会への不服申立手続き
100,000円(税抜)~
相談料(1時間)
5,000円(税抜)~

※別途、印紙代などの諸経費を頂きます。
※相談料はご依頼となりましたら報酬から割引させて頂きます。
※ご依頼時に着手金と印紙代等の諸経費、告訴状などが受理された場合は成功報酬を頂戴します。
※条件により金額が変動しますので、詳細はお問合わせください。

 

「犯罪被害に遭ってしまったが警察が動いてくれない」
「一人で警察に行くのは心細い」
「検察に不起訴にされてしまった」
犯罪被害に遭ってしまい、犯人の処罰をお望みの方はお気軽にご相談ください。

三戦法務事務所

日本全国、土日祝日夜間も対応可能です。
ご面談の際は、ご指定の場所まで出張致します。

 メールでお問合わせ

アドレス